スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

安芸の宮島へ 終

タカです!

目的の地へと着き、ここで何をするのか。

151210-02_2015121516382776b.jpg

友人の後藤君と以前から話していたことがあります。
「店の前のスペースがあまりにももったいない。」
「何かできないだろうか。」
何か出来ないかと言われれば、何かをするべきなんだろう。
楽しそうだし。

とりあえず、明らかにいらない様な石や砂利を整理し、土をならす。
水琴窟を埋めるのはもったいないので、ブルーシートを被せいつでも使用可能に。
この作業は3時間で終わりました。
次に、踏み石と灯篭の配置。
配置する場所はあらかじめ決めていたのでスムーズにいく…
はずだったのだが、2階の倉庫にあった灯篭が重い重い。
従業員の方にも手伝ってもらい、何とか設置。
白い砂利8㎏を洗い完成。

151210-01_201512151638262d0.jpg

うん、なかなかいい雰囲気。
もみじまんじゅうを食べながら、お茶でも飲んでいただけるスペースになったのでは。

あれ?竹は?
私も驚愕しました。
宮島で緑を植えることは出来ないのです。
なぜか?
宮島には鹿が生息しています。
それも、宮島のシンボルと言わんばかりに、そこらじゅうにいます。
彼らは食べることのできるものならなんでも食べようとし、竹も例外ではなかったのです。
実は灯篭の前に、申し訳程度に竹を植えていたのですが、1時間もしないうちに食べられてしまいました。
私「店のもみじまんじゅうは大丈夫なの?」
後藤「気を抜くと食べられる。人がいると寄り付かないから、見張っているよ。」
なるほど。

151210-04_20151215163830cae.jpg
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://sinshumedaka.blog42.fc2.com/tb.php/478-dd727d75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。