スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

第19弾発送!!

本日、”お得意様セット第19弾”を発送しました。

近日中に、皆様のお手元に届くと思います。

宜しくお願いします。 
スポンサーサイト

秋の植木祭り開催中

先週の金曜日より、第8回秋の植木祭りが開催されています。

会場は広島市西区扇二丁目1-1 多目的広場 です。
開催時間はAM10時よりPM17時です。

植木、盆栽、生花、山野草などの出店も多数あります。

みなさん是非ご来場下さい。


開催期間は17日(金)~26日(日)です。 

入選メダカ紹介

本日は”一水槽部門”を紹介します。

牧山様が出品された”初恋・ピュアホワイトダルマ”です。


1水槽1


パッと見てきれいと感じる水槽です。

ダルマもキレイな体型です。

紅白で彩られた水槽はとてもすばらしい色彩でした。


近藤様の「透明鱗アルビノヒカリダルマ」です。


1水槽2


作出の難しい透明鱗アルビノヒカリダルマですが

この体型で透明鱗になっている事。

そして1水槽部門での出品。

すばらしいメダカでした。


三好様が出品された”パンダスモールアイ”です。


1水槽3


珍種メダカ”パンダスモールアイ”が、

一水槽にて出品されるとは、正直思っていませんでした。

すごいです。

また、”パンダスモールアイF1”ではなく

”パンダスモールアイA”になっていて、

横からでもパンダだと確認できることもすごいです。



品評会入選めだか紹介は本日をもって終了します。

これからも更新していくので応援して頂けると嬉しいです。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は、人気ブログランキングへをクリックお願いします。


 

入選メダカ紹介 ペア部門

本日は”ペア部門”を紹介します。

今回この部門に出品いただいたのは全32点。

ペア部門の選考は”体色・体型”はもちろん、

ペアになっていてどれだけすばらしいメダカかが重要になってきます。

小宮様の出品された”琥珀ヒカリダルマ”です。

pea kohaku1

pea kohaku2



体色・体型・ヒカリ、すべてにおいてすばらしいです。

ペアでいてさらにすばらしいと感じる”琥珀ヒカリダルマ”です。

続いて小田原様の出品された”小次郎・武蔵”です。


pea si1

pea si2



作出が難しい”小次郎・武蔵”ですが

体型、体色ともに美しい個体です。

ペアで揃うとなお美しく感じられます。



次回は1水槽部門の紹介です。 

品評会入選メダカ紹介

本日は、「バラエティー部門」の紹介です。

今回、この部門に出品いただいたのは全15点。

バラエティー部門の選考は「体色、体型の良さ」、「変化のし具合」、「珍しさ」を中心に選考させていただきました。

佐々木様の「W(上下)サムライ」です。
敢闘賞も受賞されたメダカです。

ばらえちぃ


背ビレの変化だけを見ても、とても綺麗なサムライメダカですが、尻ビレまでも変化し、尚且つ負けず劣らずの変化。
ここまで綺麗に上下のヒレがサムライになったメダカは、過去に見た事がありません。
さらに琥珀色の体色も良く、体型も文句なし。

以上の理由により選考いたしました。


戸松様の「チョキ東天光」です。

ばらえちぃ2


尾ビレの中心から付け根まで綺麗に2枚に分かれ、その分かれた部分のフチにも色がのり、とても綺麗なメダカです。
朱赤色も良く、体型も良いので選考いたしました。


次回はペア部門を紹介します。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は、人気ブログランキングへをクリックお願いします。 

品評会入選メダカ紹介

本日は”透明鱗部門”を紹介します。

今回の部門に出品いただいたのは15点でした。

浅野様の出品された”黄透明鱗ダルマ”です。

nyuusennめだか

体型のすばらしい黄透明鱗ダルマです。

水槽が並んでる中でダルマ体型として一際目立っていました。


山上様の出品された”琥珀透明鱗ヒカリ”です。

nyuusennめだか2

同じく体型のすばらしい”琥珀透明鱗ヒカリ”です。

またヒカリの強い固体としても入選の理由になりました。



色が強いとか珍しいからという理由だけで審査はしていません。

個体全てをみて審査をしています。

すばらしい固体であればどんどん出品してみてください。



次回は”バラエティー部門”を紹介します。

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は、人気ブログランキングへをクリックお願いします。 

入選メダカ紹介

本日は、スモールアイ部門を紹介します。

今回の部門に出品いただいたのは18点でした。

寺井様の出品された「琥珀ヒカリスモールアイ」です。


sumo-ruai3.jpg



これぞ琥珀色、という見事な体色の個体でいて
サイズ、体型、ヒレの形等全体のバランスもとれています。
以上の点でこの度入選とさせていただきました。


野崎様の「利休」です。


sumo-ruai.jpg



こちらの個体もまさにピュアブラック黄金、というような個体です。
各ヒレ部分にくっきりと黄金色が入り、とても美しい個体です。
以上の点でこの度入選とさせていただきました。


六車様の「銀河サムライスモールアイ」です。


sumo-ruai2.jpg



銀河スモールアイ、サムライ銀河、この2種類のメダカでさえ珍種といえるメダカですが、この2種類が融合した銀河サムライスモールアイは珍品中の珍品といえるのではないでしょうか。
さらに銀河(シルバー)の体色、ヒカリメダカの体型、骨曲がりも無く、すばらしいメダカだと思います。
以上の点でこの度入選とさせていただきました。


次回は透明鱗部門の入選を紹介したいと思います。


 

入選メダカ紹介

本日は、「ヒカリダルマ部門」の紹介です。

今回、この部門に出品いただいたのは全15点。

ヒカリダルマの選考は、「体色の濃度」、「ダルマ体型の良さ」、「ヒカリの輝き方」の3点を中心に審査させて頂きました。

元来、体型の良いヒカリメダカを繁殖、飼育させるだけでも大変なものですが、これに加えて上記の3点を備えたヒカリダルマは非常に珍しく、ある意味「希少種」とも呼べるのではないでしょうか。


次回、初出品を目指されるメダカ飼育初心者の方は、普通種~ヒカリ~ダルマと飼育のレベルを上げられたどり着くこの部門への出品を、第一の目標に飼育されるとメダカ飼育の面白みがもっと増しますので、是非のチャレンジをお待ちしております。



長岡様の「朱天皇」です。
blog2syutennnou.jpg


ヒカリの強いメダカほど、概ね体色が薄くなってしまうものですが、このメダカは、頭部や各ヒレまでの体色が非常に濃く出ております。
背中側ヒカリ部の広さ、明るさも文句なし。
「部門賞2席」を受賞されたのも頷けます。



2点目は、中川様の「茶系ヒカリダルマ」です。
blog3 tyakeihikaridarumma


全体的に朱赤系の出品が多い中、この部門は多彩な体色のメダカが揃いました。
その中でも、胴巻きのようなヒカリかた、鑑賞メダカの初期から伝わる渋みある茶色の良さが現れたこのメダカを、選出いたしました。
ヒカリダルマながらも、ここまで長く形の良いヒレが上下に着いたのは珍しく、見る者を圧倒する勇壮な泳ぎ方も踏まえて選考いたしました。



3点目は、今回の品評会で最優秀賞を受賞された山沖様の「煌」です。
blog1 kiramekki


ヒレの型と大きさ、ダルマメダカの体型、背中の光、煌(シルバーメダカ)の体色。
どの部分を見ても、パーフェクト!
まさにヒカリダルマの模範となるメダカではないしょうか。
最優秀賞にふさわしいメダカであったと思います。

最優秀賞に選ばれた要因の一つとして、サイズも関係していると思います。
このメダカはサイズLL寸で、一際目立っていました。
次回の品評会で出品をご検討中の方は、サイズも考慮され選別してみると良いと思います。


次回はスモールアイ部門を紹介いたします。


 

品評会入選メダカ紹介

本日は”ダルマ部門”を紹介します。


daruma.jpg


新船様が出品された”アルビノダルマ”です。
飼育が難しいアルビノ系で、
体型のいいダルマを作るのは至難の業です。
素晴らしい体型です。


daruma2.jpg



清水様が出品された”琥珀ダルマ”です。
体型・体色ばっちりの可愛らしい琥珀ダルマです。

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は、人気ブログランキングへをクリックお願いします。 

品評会入選メダカ紹介

今日は”ヒカリ部門”を紹介します。


ひかり入選1


野村様の出品された”青系スーパーヒカリ”です。
LL寸でヒレも大きく、ヒカリのよくでています。


ひかり入選2


池本様の出品された”東天光”です。
全体的な色の出具合がすばらしいです。
体型もスラッとしていて、正に”ヒカリ”の体型だと思います。

ひかり入選3


小宮様の出品された”暁”です。
全体に体色がのっているのもいいですが、
頭とヒレだけにのっているのもキレイです。
ヒカリ・体色もすばらしいです。

ヒカリメダカ部門入選メダカの紹介でした。

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方は、人気ブログランキングへをクリックお願いします。 

寒いです

寒くなりました。

押入れから毛布をだしてしまいました。

周りの人の服装が秋物・冬物になりつつあります。

メダカにあげるエサの量もだんだんと減らしつつあります。


この度、品評会中にテレビ撮影がありました。

明日テレビ放送があります。

詳細は100年メダカに記載しておりますのでそちらをご覧ください。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。